無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

本当のこと言って…
永瀬廉
それは…
その時電話越しに聞こえる声。

「れーんー!まだぁー!?はやくぅー!!
早く廉がほしぃー!!!ねぇー!!!」
あなた

えっ…

その女の人の声はかなり大きくて、
5人にも聞こえてたみたいで
紫耀くんが私の手からスマホを抜き取る
平野紫耀
おい、廉!
永瀬廉
紫耀?
平野紫耀
今すぐ俺ん家に来い
永瀬廉
いや、でも
平野紫耀
来なかったらあなたを奪う
永瀬廉
すぐいく
ぷっ、
平野紫耀
はい。岸くん
岸優太
あ、さんきゅ、
神宮寺勇太
どうゆうこと?
髙橋海人
廉は浮気してるの?
岩橋玄樹
電話越しに聞こえた女の人は紫耀のみた女の人で間違いない?
平野紫耀
多分。声が似てたし。
神宮寺勇太
でも、紫耀があなたを奪うって言った時、
廉はすぐ行くって答えたんだよね?
平野紫耀
そう。なに考えてるのか俺にはわからん
あなた

ピンポーン
平野紫耀
はい
永瀬廉
平野紫耀
どうぞ
がちゃ、
永瀬廉
あなた!
紫耀の家に上がったと思えば真っ先に私のところに走ってくる廉。
走ってくる廉の顔はなんだか切なくて泣きそうな顔をしている。

これは演技なの?
それとも本物なの?
あなた

…れん…

神宮寺勇太
ストップ!
廉、あなたから離れて?
永瀬廉
おん…
神宮寺勇太
さっきの電話越しに聞こえた女の人は誰?
永瀬廉
それは…