無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

16
ついに来週まで迫ってきた結婚式!

あぁぁ〜まだ指輪決まってなぁーい!
あなた

れぇーん、

永瀬廉
んー?
あなた

指輪どーする?

永瀬廉
せやなぁー、
はい。数週間後に私の旦那様になるこの男はゲームをしていて空返事しかしてきません!
あなた

ねぇ、ゲームストップして。

永瀬廉
ゲームしててもええやろ?
あなた

大事な話だからダメなの。
ちゃんとここ座って。

床であぐらをかいてゲームをしている廉に私の座っているソファーの隣をポンポンっと叩く。
永瀬廉
んぅー、で?
渋々ソファーに座ってくれた廉
あなた

指輪!

永瀬廉
あなたはどれがええん?
あなた

私はぁ、これと、これと、これ。

永瀬廉
ふぅ〜ん、
あなた

廉は?

永瀬廉
俺はこれと、これ
あなた

一個目のやつ同じじゃん!

永瀬廉
せやな、
あなた

ねぇ、なんでそんなに乗り気じゃないの?

永瀬廉
ゲームしたい
あなた

…あっそ。

永瀬廉
ごめんごめん!ちゃうねん!
あなた

なにが違うのよ

永瀬廉
あなたが好きなの選べばええよ?
あなた

廉がめんどくさいだけじゃん

永瀬廉
だって俺はあなたとお揃いのリングならダサくてもええねんで?
あなた

可愛くてもいいの?明らかに男の人がつけるようなものじゃなくても?

永瀬廉
おん!あなたが選んでくれたのなら…
あなた

…じゃあ…コレ!

永瀬廉
俺とあなたがいいと思ったやつやん
あなた

私もね、廉が選んでくれたのならダサくてもいいって思ってるし。だから…2人が最初にいいなって思ったのが良くて。

永瀬廉
(可愛い、可愛すぎる…あぁぁぁ…!)
そっか。じゃあ予約の紙出しにいこか?
あなた

うんっ!

式まであと2週間