無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

【紫耀の家】

ピンポーン
平野紫耀
はぁーい!(ガチャ)どうぞ!
あなた

お邪魔します

廉以外の5人の靴が玄関にはあって、
メンバー全員がここにいることを知る。
平野紫耀
やっぱり…ショック…?
あなた

まぁ…でも私もいけないのかなって…

平野紫耀
とりあえず神宮寺もいるし!
相談乗ってもらいなよ!
あなた

うん、

リビングまでいくとみんながいた。
あなた

相変わらず紫耀くんの家は暗いね

平野紫耀
そう?これでも明るい方だけどなぁ…
神宮寺勇太
あなた!
あなた

勇太くん、

岩橋玄樹
もしかしてなんかあった系?
平野紫耀
なんでわかんの?
岩橋玄樹
あなたが何かあって神宮寺の名前を呼ぶ時はいつも泣きそうな声で呼ぶんだもん。
髙橋海人
玄さん天才!
岩橋玄樹
まぁねー
神宮寺勇太
で、なにがあったの?
あなた

私も、よくわからないんだけどね…

岸優太
ええっ?!
神宮寺勇太
そこ驚くところじゃないww
平野紫耀
なんの驚きだったの岸くんww
岸優太
あ、ごめん。間違えた!
あなた

私…廉を信じられていないの…

神宮寺勇太
それは、どーゆー経緯で…
あなた

数日前にね、廉の携帯が鳴って、
楽しそうに話してたの。
それで女の人かな。とか思ったんだけど
昔、廉は私以外の女の人と繋がってないって言ってたからお友達かなとか思ったんだけど…今日、仕事行ってくるって言って朝、出て行ったの。

神宮寺勇太
仕事?
あなた

そう

岸優太
みんなオフだろ?
髙橋海人
マネージャーが休みくれたもんねー
平野紫耀
あ、俺さこの間見たんだけど…
あなた

なにを?

平野紫耀
廉が女の人と連絡先交換してたところ。
もしかしたら撮影とかで連絡取るためかな。
とか思ってたんだけど…
岩橋玄樹
それってどんな女の人?
平野紫耀
んーとねー、綺麗系の人で、ロングヘアでちょっと色気があった。
神宮寺勇太
それってさ、
岸優太
廉の好みのタイプ丸かぶり
あなた

…!

平野紫耀
つい先週雑誌の取材で言ってたもんね
岩橋玄樹
なんであなたちゃんと全く違うタイプの人言うのかなって思ってたけど…
あなた

私…どうしたらいいの?

あなた

…もぅ、わかんないよ…
廉の気持ちも、廉がなにしてるのかも。
廉がなに考えているのかも。
幼なじみだったのになにも知らなかった…

神宮寺勇太
ほら、泣かないで、
あなた

でもね…廉のこと好きなんだよ…
これでも…こんなに不安なのに、好きなの…

平野紫耀
知ってる。
あなたは一途で芯が強いから俺があんなにアプローチしても廉しか見てなかったもんね。
あなた

え?

髙橋海人
紫耀はあなたに会ってからあなたのことがずっと好きだったんだよ?
あなた

うそ…

平野紫耀
もう諦めてるからいいけどね。
でも好きな人が好きなやつに傷つけられて泣いてるのは納得いかないんだ…
岸優太
とりあえず、廉に電話してみる?
神宮寺勇太
んー、あなたからかけたら?先に。
あなた

わ、わかった…

震える指先で"永瀬廉"と記されている電話番号に触れる。

プルルルループルルルループルルルルー
岩橋玄樹
出ないね…
ぷーぷーぷーぷー
神宮寺勇太
それって、着信拒否?
平野紫耀
音的にそうだよね、
あなた

なんで…

神宮寺勇太
じゃあ岸くんかけてみて
岸優太
あぁ、うん、
プルルルループルルルループルルルルー
















































永瀬廉
もしもし?優太?
岸優太
廉?
神宮寺勇太
繋がった…?
岸優太
繋がった
永瀬廉
優太?
岸優太
口パクで(どーすればいいの!)
神宮寺勇太
とりあえず俺に代わって?
岸優太
コクッ、(うなずく)
岸優太
あ、廉!
今神宮寺とあるんだけど、変わるからな!
永瀬廉
あーおん、
神宮寺勇太
もしもし?廉?
永瀬廉
ジン?どした?
神宮寺勇太
今誰といる?
永瀬廉
え、あなたとだけど
神宮寺勇太
…(あなたにスマホを渡す)
勇太くんから受け取ったスマホを震えてる手で持ち、恐る恐る耳にあてる
あなた

れ、ん、

永瀬廉
あなた?!
あなた

…なんで…嘘つくの?

永瀬廉
それは…