第10話

あの人と××part3
8,341
2018/08/08 16:38










あー…暑い
よくこんな日に遊びに行こうって思うよね…
風磨
あなたー
早くしろよー
あなた

ごめんごめん!!






私たち今日水族館(デート)なの!!







やっぱ(かっこ)気になるよね…

付き合ってはないんだ…
風磨
おせーよ
あなた

せっかく風磨のために可愛くしてきたのに…

風磨
普通でいいんだよ、ふつうで






風磨はいっつも照れながら

こうやって甘い言葉をかけてくれる







ガチャッ)))))
久々のドライブ🚘🚘

夏だけど風が心地よくて

私はすぐ眠りについた
風磨
おいあなた、着いたぞ
あなた

ンンッ

ん?ナニココ?


スイゾクカンじゃないね?
風磨
本物の水族館だよ
あなた

超綺麗😍

あなた

風磨ありがと♡♡





あなた風磨は海で甘い時間を過ごした。
あなた

そろそろかえる?

風磨
そうだね。








よしって…車に乗ったのに…
風磨
あなた、俺ずっと我慢してた
あなた

なんの我慢?

風磨
もうそろそろいいんじゃないの?
あなた

へ?









ようやく私は状況がわかった。






でももう遅かった







私は既に彼に占領されていた。
風磨
ほら、脱いで
あなた

え、こんな所でssするの?

風磨
おせーよ。








風磨の手によって何もかも脱がされてゆく
風磨
ブラは付けとけ、そっちの方がエロい
風磨
ヤろっか





シートが倒された









車は狭く、密室ですごくどきどきする
彼はブラの中に手を入れてきて




私の突起を弄りはじめる
あなた

ンンッ

風磨
もっと俺で鳴いてよ








そう言って彼はさらに激しくする。
あなた

アアンッ ンンッ

風磨
気持ちいいあなたの
風磨
あなたがおっぱいおっきくてよかった
風磨
あなた好きだよ。







そんな言葉を耳元で囁かれる
あなた

ハァァァンッ

風磨
こんなにびしょ濡れじゃん
俺の入れたらどうなるんだろうね




彼は私におっきくなったモノを近づけて
風磨
舐めてくれたらもっと元気になると思うな
悪い笑みを浮かべてこういった
あなた

こんなっ、大きすぎてはいらないよ

無理やり押し込んできた
彼のものは私の口の中で

暴れ回る
車の中にクチュクチュとエロい音が鳴り響く
風磨
やばいっ、イくぅ
 








たくさんの愛が私の中に注がれた
風磨
美味しい?
あなた

うん。たまんない、

風磨
次はあなたが気持ちよくなるばんね
風磨
今度は自分で脱いでね?
あなた

えっ、それは…

風磨
しょうがないな
風磨
あれー?ブラの外しかた忘れたー




彼はわからない振りをして


ブラの中に手を滑り込ませてくる
そして、さっきよりも激しく、強く

揉み始めた
あなた

ハァンッ

あなた

モッヤメテッン

風磨
正直にいいなよ
もっと欲しいって
あなた

もっと、もっとん

風磨
よくできました







ピチャ)))
風磨
あなた、そんな興奮してんの?






3本入んじゃん

もしかして4本はいる?



とてつもなく痛くて

私は思わず
あなた

いたいっ

風磨
ごめん、
風磨
あなたその顔超エロい










私はもう疲れきっていた。

抵抗する力も残っていなかった
風磨
やばい。お前可愛すぎ
あなた

ンッ

風磨
ハッハフンツ
あなた

ハンッンンッ








唇を重ねては
離し


また重ねては
離し



をずっと繰り返した

それも気絶するかのように。
風磨
ハアッハアッ
あなた

ンンッ

風磨
よし、ヤろ?
あなた

…う……ん。

あなた

アアンッ…き、もちいいんっ

あなた

ンフッン、、、もっと、もっと風磨をちょうだい

風磨
そんな顔すんなよ、そそるから













プリ小説オーディオドラマ