無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,815
2021/05/11

第7話

緑谷side

結局、あなたちゃんに助けられてしまった。

やっぱ凄いなぁ


あんな人と同じ雄英を受けるんだから、もっともっと自分が頑張らなきゃ行けないなって思ったし、
参考にもなった

あなたちゃんは小さい頃からああだ。



…僕のヒーロー。



かっちゃんと同じくらい、僕は君に憧れたんだよ。



それから15分後に、あなたちゃんは無事目を覚ました。


本人によれば、それは個性の使いすぎによる脱水症状だったらしい。


それから僕らは、ヒーローからお説教を受けることになった
ヒーロー
君が危険を冒す必要は全く無かったんだ!!
あなた
…じゃあ。
ヒーロー
??
緑谷出久
緑谷出久
?!?!
あなたちゃん?!
あなた
私らが行かなかったらどうなってたと思いますか
ヒーロー
オールマイトが来たじゃないか!!
あなた
もしオールマイトも来なかったら?
ヒーロー
っ…
あなた
聞いてるんです。私らもオールマイトも来なかったらどうなってたか
ヒーロー
それ、は…
ス、すごい…

あなたちゃんイケメンッ←
あなた
アンタらヒーローのプライドを守るためだけに!勝己が…私らの友人が死んでたかもしれないんですよ!!!アンタら本当に分かってます…?
アンタらは、パンピーを守るために活動してんだろ!!
あの時は、あの瞬間だけは!努力もせずにウジウジとしていたアンタらプロヒーローより!私らヒーローの卵の方がよっぽどヒーローだったと、私は思いますけどね!!
緑谷出久
緑谷出久
あなた、ちゃん…
泣きそうになった。

あなたちゃんだけが、僕を肯定してくれている気がした。


そう。あなたちゃんはずっと前からこうだった。


それは、悪い意味とかではなくて……君は、ずっと前から僕を肯定してくれる唯一の存在だったんだ。


個性がない僕にも分け隔てなく接してくれて、正義のヒーローみたいだな
あなた
何か答えたらどうですか
ヒーロー
う、…え、と…
あなた
…私、帰りますね
緑谷出久
緑谷出久
あ、あなたちゃん!!
よく考えたら僕、さっきからあなたちゃんの名前しか言ってないなぁ。

作者からのイジメかな?←←