無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

塩対応
チョンジョングク
チョンジョングク
ちょっとー、ジミニヒョン急に走らないでくださいよー、、、ってここどこですか?
You
You
私の控え室です。ジョングクさん、これ連れて帰ってください。
パクジミン
パクジミン
えぇー、俺ここがいい!!
駄々をこねるジミンさんをジョングクさんに頼み、休憩しようとすると、
チョンジョングク
チョンジョングク
あなた、俺の事見くびらないでね…
You
You
ひゃっ!
ジョングクさんに耳元で囁かれて、叫んでしまった。
チョンジョングク
チョンジョングク
じゃあねー笑
っクソ…なんなんだあいつらは
キムテヒョン
キムテヒョン
あ、あなたちゃーん!!
You
You
あ、キムテヒョン。
キムテヒョンは、何故か私が唯一防弾少年団で仲良くできる人だ。天然だからか、私に構ってくる様子もない。
キムテヒョン
キムテヒョン
やっほー、ここにユンギヒョンいる?
You
You
居ないけど、
キムテヒョン
キムテヒョン
分かったー、ありがとー!!
と言って出ていこうとして、ドアに手をかけたところで止まった。
You
You
??
キムテヒョン
キムテヒョン
あ、言うの忘れてた!あなた、今日もかわいいね!大好き!!!じゃーね!!!
You
You
〜ッツ/////
なんなんだ、あいつは…侮れない
ミンユンギ
ミンユンギ
おい、なんで顔赤くなってんだよ、?
低い声が聞こえて顔を上げると、シュガ改めソルトがいた。
You
You
ソルト、、、
ミンユンギ
ミンユンギ
ちげーわ、
You
You
キムテヒョンが探してたけど、
ミンユンギ
ミンユンギ
あー、いいのいいの
You
You
あっそ。出てって
ミンユンギ
ミンユンギ
じゃあ、また来るから笑
良く似合うニヤッとした笑顔をして控え室から出ていった。
と、まあこんな感じで防弾少年団は私に絡んでくるのだ。それを私は塩対応で返している。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ポソ🍄
ポソ🍄
ファンネーム→ポソ民(ポソ王国の住人、ポソ民) ファンマ→🍄🌱🌿 入国した人、住み着いた人は、「ポソ🍄の部屋」にコメントしてね!! 〜EXOの小説制作中〜 アカウント変わったから、みんなこっちに来てね😊 GOT7ーギョム、よんちゃん SEVENTEENークプス DAY6ーヨンケー BTSージミン Monsta Xーチャンギュン EXOーチャニョル SHINeeーミノ VICTONーセジュン X1ーウソク VIXXーラビ BTOBーソンジェ 雑食を極めたいもの🤓 W 'F A M I L Y W🔱💬 うぉん君💓ヌナとヒョンの知り合い✌️ ミニョンオッパ☺️☺️ うーみん、好き。うーみん大好き人間 うーみん谷🌈🌴から抜け出せない 윤지 は、カオスの極みかい?😘😘 👼🍼︎︎☁︎︎
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る