無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

#4~誰がなっても恨まない~
私と花が学校についてクラスに入るとすぐに…
「花ー!真凜ー!今日のあれ、観た!?」
早速、朝の目覚ましテレビで行われた占いの話が出てきた
真凜
観たよ!
花
見た見た!!ヤバくない!?
この学校の生徒って事じゃん?
みんな、テンションが可笑しい笑

私はニコニコして見ていた
あの後私は見ていないが、他にも条件が出たらしい
条件1⃣
現在山田涼介は25歳だが、相手の歳は16歳

条件2️⃣
山田涼介の婚約者を決めるが、山田涼介は実際に会って一目惚れをした相手こそがその占いの結果に出てきた人
という結果が出たらしい
真凜
16歳って事は…高校2年生?
花
そう!私達のクラスの誰かって事だよ!
確かに!
「もし私だったら…やばい!」

「妄想しちゃうんだけど!!」

「もし結婚したら…やばいよぉー!」

「どうする?どうする?この中の誰かがなるんだよね?」

「誰がなっても、恨みっこなしね!」
真凜
うん
花
うん!!!
「「「「うん!!!」」」」
私達は誰がなっても恨まない。

そう約束した。
神様、お願いします!

どうか、私になりませんように…。

ホントに私はアイドルに興味がないからです。

神様ぁぁぁぁぁ一!!!
その日は、私達のクラスについてを学校の生徒全員が考えていた
この中で山田涼介の婚約者になる人が出るからである