無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

#3~占いで婚約者を決める!?~
みんなと「緊急って何だろ?」と話してから翌日の朝
ピコンッ


私のスマホが鳴った
~LINE~
HANA
HANA
おはよー!真凜!!
Marin
おはよう!どうしたの?
HANA
HANA
今すぐ目覚ましテレビ観て!
そう言われ、私は目覚ましテレビにチャンネルを切り替えた
そこには、昨日花に見せてもらった画像に載っていた山田涼介がいた
Marin
観てるよ!
私はLINEを返した
HANA
HANA
今から、占いするみたい!
終わったらLINEじゃなくて直接学校で話そう!
私達はLINEをやめ、私はテレビの前のソファーに座った
「これから、山田涼介さんには特別な占いをしてもらいます。」
テレビのアナウンサーが言った
真凜
特別な占いって何だろ…?
私はテレビに釘付けになって見入ってた
「占いをして下さるのは、左右  卑弥呼さんです!」
見るからに怪しそうな名前だな…
そう思っても、やはりテレビを観ていた
「これから始める占いは、この占いをされる方、山田涼介さんの婚約者を探す占いです。」
真凜
へー。婚約者…って、えっ!?
私はさっきの約束も忘れ、花にLINEした
Marin
花!
占いで婚約者を決めるとか…いいの!?
昨日の花の説明によると、まだ恋愛とかしちゃいけないんじゃないの!?
すぐに既読がついた
HANA
HANA
私も今、お姉ちゃんと見てるんだけどね…。
よく、事務所がOK出したよね。
ネットで調べてみ?めっちゃネットで荒れてるよ。
特に、山田涼介のファンが…
私はテレビを見つつ、ネットで検索してみた
「山田くんに婚約者とか…占いで決めちゃうの?」

「なんで事務所はOKしたの?」

「山田涼介ムカつく」

「見るからに怪しそうなババアじゃん」

「私達ファンを見捨てる気?」
確かに…荒れている
それでもテレビは進んでいく
HANA
HANA
これね、生放送の番組だから、編集できないやつだよ。
Marin
そうなの?
じゃあ、これから言うことは編集なしの本当の事だね。
HANA
HANA
うん、この占い師が本物だったらの話だけどね…
また、私はテレビに釘付けになった
「それでは、占いを始めます。山田さん、このカードの上に右手をのせてください。」
本格的な占いが始まったのか、スタジオが静かになっている
~20分後~
「ふむふむ。結果がでました。」
スタジオがザワつく
「ハッキリと名前も出てきました…が、それでは面白くないので、その方の事を話しましょう。」
HANA
HANA
真凜!!
結果出たってーーー!
Marin
私も見てるよ笑
まだ、学校に行く時間ではない

私は続きをみた
「その方の特徴は…まず、華鈴学園にいる」
真凜
…………え?
私達の学校!!!!????
ピコンッ
花からのLINEだ!
HANA
HANA
ねね!今の聞いた!?私達の学校にいるって!!
どうする?どうする?やばいんだけど!
そんな内容だった

テレビを観ながら私にLINEして飛び跳ねている花の姿が想像できた
Marin
花だったらいいね!
私は本当に興味ないから…花の事応援するね
そして、私は学校に行く時間になった
真凜
行ってきます
私は玄関の扉を開けた
そして、花と登校する為の集合場所に呑気に歩いていった
これからあんな事が起こると知らずに…