無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

#5~明日は山田涼介の誕生日~
あの、山田涼介の占いから約1カ月が経った
今は5月

爽やかな風が吹いて、毎日の天気も良く気分がいい
そんなある日…
花
真凜!!今日は何日だ!?
突如こんな質問をしてきたのは私の親友、花だ
真凜
何日って…5月8日だよ?
花
そう!分かる?
明日は山田涼介の誕生日だよ!?
あ、そうなんだ。初めて知ったよ笑
真凜
へー。それで、どうしたの?
今、目の前にいる花はいつもより嬉しそうだ

きっと、いい事があったに違いない
花
実はね…明日、山田涼介が私達の学校を訪れるんだって!
真凜
え、なんで!?
何でわざわざここに…?
私は考えたが、思い出せない
花
ちょっと笑
1ヶ月前のテレビ覚えてる?
私は記憶を辿った
真凜
あっ!
一つ、思い出した事がある
真凜
占いの…婚約者がこの高校にいるって…
花
そう!それそれ!
とても大きな声を出されてびっくりした
真凜
ちょ、声大きいよ笑
花
でね、でね!
明日、その未来の婚約者を探しに来るんだって!
だからね、多分明日のみんな化粧バッチリ!笑
へー。
私は興味ないし、私なわけないから、化粧とかいいや。
面倒だし。
私は高校に入ってからも今までも一度も化粧をした事が無い
そういうと必ず花は
「真凜は素のままでも、可愛いし顔が整ってるよ!」
と、言ってくれる
そんな筈ない

絶対に花の方が顔が整っていて可愛いと思う
キーンコーンカーンコーン
花
あ、予鈴なったから!
またね!
花は席についた
その日の昼休みは山田涼介の話でクラスは盛り上がっていた