第7話

鬼ごっこ
ルル
ルル
はーい、校内に残ってる方々ーーっ!!
こんばんわーーー
美香
美香
え?誰?
校内放送で知らない女の人の声が流れ出した。
悠真
悠真
…?
悠真も戸惑っているようだった。














律ちゃんを見た。









すると、ガクガクと震えている。



どうしたの…?




この時ばかりは私も律ちゃんが心配になった。
ルル
ルル
では、今から鬼ごっこを開始しまーす。



制限時間は〜どうしよっかなぁ~
じゃあ、、、2時間!優しいでしょ~
外には出れませんっ!
鬼に捕まったら即ゲームオーバーだよっ!
鬼は全部で20体!
校内鬼ごっこ、スタートぉっ!
何を言ってるの?ゲームオーバーとか鬼とか…
ルル
ルル
そういえば逃げてる人は今5人しかいないよ!
1人は鬼ごっこの経験者みたいだねっ
頑張れ〜
だだだだだっ!!
律
きゃあああああ
え?
近づいてきたのは女の子だった。
花乃
花乃
鬼に追いかけられてますっ!
逃げてくださいっ!!!!
律ちゃんが駆け出す。




よく分からないけど私と悠真も

律ちゃんに続いて駆け出した。
鬼をなんとかまけたようで

4人で理科準備室に入った。
美香
美香
一体何がおこってるの?
すると、これを前の学校で経験したと言って

















律ちゃんが話してくれた。。。
6時半になると鬼が出る、という噂や言い伝えがあるらしい。


特に子供は狙われやすく、危険らしい。

そして、ゲームをするらしい。

それが、鬼ごっこ。

ゲームで逃げ切れたら命が救われる。

ただし、逃げきれず捕まったら

ゲームオーバー=死

らしい。












鬼に捕まれば死。



美香
美香
え。。。
律
だから、6時半には帰らなければいけなかった。
美香
美香
ご、ごめんなさい…
悠真
悠真
終わったことはしょうがねぇ!
とりあえず足音がするから静かにしろ!
理科室に何者かが入ってくる音がした。





ドクンッと心臓が波打つ。
理科室と理科準備室は隣り合っていて

繋がる扉がある。



そしてどちらも廊下に繋がる扉がある。


律
廊下に出ましょう。そうするしかないわ。
花乃
花乃
きゃあっ!
花乃がこけてしまった。。。その途端に、

扉を開けようとしているのが分かった。











みんな必死に廊下へと飛び出した。













廊下を走り出す!











私は曲がった。


だけどみんなはまっすぐ行ってしまった。






隣の花乃ちゃんのクラスへ入った。






























すると、誰かいた!!
美香
美香
きゃあああああああああっ!!!!!
智樹
智樹
静かにしてくんね?
鬼に見つかっちゃうじゃんか。
び、びっくりした、、、


そ、そういえば逃げてる人は

5人って言ってたよね…
その途端!
花乃
花乃
きゃああああああああああああああああああああああああーーーーー!!!!!!!
耳をつんざくような花乃ちゃんの悲鳴が聞こえ、

私と智樹君は耳を塞いだ。
ルル
ルル
はーいっ!
1人ゲームオーバーだよっ!
残るは4人!
さあ、あと1時間半程だよ〜
頑張ってね〜♪
校内放送が流れる。






え…






































もしかして、花乃ちゃんが


































ゲームオーバーな訳?












ようやくこの鬼ごっこの怖さが分かってきたようだった。





分かっていたはずなのに。。。
















実感する程怖い事なんてないんだなって思った。
















その時!後ろのドアから鬼が入ってきた!!!












智樹君が
智樹
智樹
逃げんぞ‼️
と怒鳴る。

私は前のドアに駆け出した。








私と智樹君は鬼を困らせるために、二手に別れた。


















私の行く先に鬼がまた現れた!私は剣道部の部室に気づかれないよう入る。




どうやら追いかけてきていた鬼は智樹くんの方へ行ったらしい。





後ろを振り返り出ようとした。











すると。。。
美香
美香
きゃああっ!!
鬼がいた。