無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

コンコンコンノック
野坂悠馬
野坂悠馬
失礼します。
校長
はいれ
野坂悠馬
野坂悠馬
校長、アレスの天秤は正しくはないと思います。
校長
よくも、お前からその言葉が出るな
野坂悠馬
野坂悠馬
僕は、アレスの天秤が本当にあってないと思います
校長
だからなんだ?
野坂悠馬
野坂悠馬
次の試合は、雷門中との決勝、僕たちが勝ったら、アレスの天秤を僕はやめます。
校長
そうか。
野坂悠馬
野坂悠馬
じゃあ。
----------------------------
僕は、この結末で良いのか、わからなかった。
そんな頃わかったのは、僕の脳に腫瘍があること。