無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第8話

日に日に、頭がいたくなる。
そんな時、FFIの開催を聞いた
どうやら、日本人の選手の中に僕も入っているらしい。
でも、僕はサッカーをやりきれる気がしない。
そして、僕は初戦は脳の手術を受ける。
正直僕も死んであなたのところにいきたいと思ってる。
でも、そんな時、あなたの行ったことを思い出す。
「悠馬くんはサッカーで私はお勉強を頑張るの」
「悠馬くんの才能が世界に広がるから」
「世界を変えられる」
野坂悠馬
野坂悠馬
僕はこの手で世界を変える
もう一度歩き始めても良いかな?あなた
僕はここ手で君の望む世界にできるように頑張るから、もう一回サッカーをやっても良いかな___?










「私の分まで頑張って、世界を変えて」










僕はそう聞こえたような気がした___。