無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

シーン
野坂悠馬
野坂悠馬
ごめん今日は塾があるから送れない。
you
you
うんわかった!
you
you
ありがとう
野坂悠馬
野坂悠馬
うん、じゃあ、また明日
you
you
うんバイバイ🥺
このときの僕には、明日が来ないことを知るはずもなかった。
you
you
悠馬も一緒にいるの苦痛なんだよね
そして、君は僕の前から消えた___。