無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ガシャン🏃‍♀️💥🚗
野坂悠馬
野坂悠馬
ん?
事故と思い僕は家を出た。
野坂悠馬
野坂悠馬
まさか、あなたっ
そこには気を失ったあなたがいた
野坂悠馬
野坂悠馬
あなたっあなたっ
you
you
・・・

悠…馬…私…迷惑…だった…よね?
野坂悠馬
野坂悠馬
そんなことないよ!あなたは大切な友達
you
you
最後に…聞けて…よかっ…o(__*)
野坂悠馬
野坂悠馬
あなたーーーー!
そこから僕は、救急車で一緒に、病院行った。
そこから手術中のライトが消えない
パチッ
野坂悠馬
野坂悠馬
はっ!
野坂悠馬
野坂悠馬
先生!先生あなたは?
先生
残念ながら…
野坂悠馬
野坂悠馬
そんな…
僕は頭が真っ白になった。
大切の人を無くしたこと___

そして、あなたが自殺をした原因は俺だったのではないかと___。