無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

🦄🍭×🐫💎
①の部屋にて…
ジヒョ
ジヒョ
受賞式に向けてコメントの準備しないと…
エスクプス
エスクプス
少し手伝おうか?
ジヒョ
ジヒョ
ワッ!ビックリした!!!
ジヒョ
ジヒョ
居たんですね!?クプスオッパ
エスクプス
エスクプス
いや、ずっと居たよ!
エスクプス
エスクプス
携帯いじってたから静かだったけど、、、
エスクプス
エスクプス
で、手伝おうか?
ジヒョ
ジヒョ
大丈夫です!自分たちのことはやらないと…!
エスクプス
エスクプス
りょうかーい!リーダーって大変だよなー!
ジヒョ
ジヒョ
そうですね…コメントは代表として言わなきゃいけないし…
エスクプス
エスクプス
ウンウン!分かる!!!
エスクプス
エスクプス
うちのところはボカチとパフォチのリーダーがいるから、まだいいんだけどね〜
ジヒョ
ジヒョ
でも13人もいるじゃないですか!?
エスクプス
エスクプス
大したことないよー!
ガチャ…
ウジ
ウジ
リーダー居るー?
エスクプス
エスクプス
居るぞー!
ウジ
ウジ
居た居た!
ウジ
ウジ
次の曲の話なんだけど…〜〜
エスクプス
エスクプス
そうか分かった、それなら…〜〜
ジヒョ
ジヒョ
レベル高いなぁ…(独り言)
ジヒョ
ジヒョ
邪魔しないでおこ…(独り言)
エスクプス
エスクプス
よしっ!OK!それで行こうー!
エスクプス
エスクプス
って、居たの!?
ジヒョ
ジヒョ
何が大したことないんですかー!!!



怒りながらもレベルの高いセブチを見て、自分たちのチームもこうなりたいと思ったジヒョなのでした。





▷▶︎▷▶︎