無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

🍑🍭×👼💎
私たち、俺たちはメンバーに内緒で付き合っている。










その日は、突然来た。





ジョンハン
ジョンハン
お腹空いたな〜
モモ
モモ
ハニオッパ、何食べるの〜?
ジョンハン
ジョンハン
おっ、モモ!
ジョンハン
ジョンハン
僕の部屋、誰も居ないから一緒にご飯食べよう!
モモ
モモ
うん!分かった!!
ミンギュ
ミンギュ
(どういうことですか?ヌナ?)
ナヨン
ナヨン
(知らないわよ…!私たちだって知らされてない…)
ミンギュ
ミンギュ
(とにかくドア越しに話を聞きましょう…)
ナヨン
ナヨン
(そうね…!)



・



モモ
モモ
オッパ〜
モモ
モモ
今だけ呼び捨てでもいい?
ジョンハン
ジョンハン
いいよ!
モモ
モモ
やったー!
モモ
モモ
ハニ、大好きィィィ〜!♡
ジョンハン
ジョンハン
僕もモモのこと、大好きだよッ!!♡
ジョンハン
ジョンハン
最近、2人だけの時間が無かったもんね〜
モモ
モモ
うん、誰にも言ってないから仕方ないよ…
ナヨン
ナヨン
(今の聞いた!?)
ミンギュ
ミンギュ
(はい!聞きました!)
ナヨン
ナヨン
(自然な感じで突入するわよ!)
ミンギュ
ミンギュ
(えっ!今!?)
ジョンハン
ジョンハン
聞こえてるよー、全部!
モモ
モモ
ナヨンオンニ、ミンギュ!
ナヨン
ナヨン
へっ?
ミンギュ
ミンギュ
へっ?
ジョンハン
ジョンハン
それと僕たち、付き合ってないよ!
ナヨン
ナヨン
えっ、でも大好きとか言ってたでしょ?
モモ
モモ
ハニオッパが演技しよう!って言ったからだよん!(笑)
ミンギュ
ミンギュ
なんだそういうことか…
ナヨン
ナヨン
んもう!大スクープだと思ったのに…!





・






モモ
モモ
危なかったね、オッパ、、
ジョンハン
ジョンハン
うん、気づいて良かったよ、、
モモ
モモ
まあ、あの2人は信じやすいから大丈夫(笑)
ジョンハン
ジョンハン
だね(笑)





こうして危機を乗り越えたモモとジョンハンなのでした。