無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

あらすじ SEVENTEEN編
ある日突然…
SEVENTEENマネージャー
SEVENTEENマネージャー
おーーーい!
SEVENTEEN
SEVENTEEN
何ですか?マネヒョン!
SEVENTEENマネージャー
SEVENTEENマネージャー
突然決まったことなんだが報告する。
SEVENTEEN
SEVENTEEN
(ゴクッ)
SEVENTEENマネージャー
SEVENTEENマネージャー
TWICEとシェアハウスをすることになった。
SEVENTEEN
SEVENTEEN
はい!……えぇーーー!!!
エスクプス
エスクプス
突然過ぎないですか、それ?
SEVENTEENマネージャー
SEVENTEENマネージャー
すまん、社長からのお願いなんだ。
スングァン
スングァン
でも待ってください、クプスヒョン!
スングァン
スングァン
シェアハウスなんて滅多にできることじゃないですよ?
ホシ
ホシ
ヤハー!なんか楽しそうじゃないか!!!
エスクプス
エスクプス
言われてみればそうだなぁ…
ドキョム
ドキョム
うん、なんか楽しそう!!!
エスクプス
エスクプス
…分かりました!
エスクプス
エスクプス
お前ら、いいか?
(クプス以外)SEVENTEEN
(クプス以外)SEVENTEEN
はい!!!
SEVENTEENマネージャー
SEVENTEENマネージャー
分かった。社長に言っておく。
💭意外とサクッといけたな。



『なんか楽しそう』でOKしたSEVENTEENであった。