無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

388
2020/03/07

第5話

鬼の正体
一般隊士
一般隊士
そ、それが‥
一般隊士
一般隊士
鴉の連絡で鬼がいる現場に入る‥
一般隊士
一般隊士
ここまでは良いのですが‥
一般隊士
一般隊士
鴉は「鬼が2、3体」と言っていたのに、現場に入った途端
一般隊士
一般隊士
鬼が10体ほど出てきて‥
一般隊士
一般隊士
対応が出来ず‥
あなた

‥そう

あなた

貴方は隠が来るまでここに待機してて

一般隊士
一般隊士
は、はい‥
_____________________________________________
あなた

(ここらへんか)

ガサッ
ヴワァ!!
シュン‥
あなた

(1体目)

アァ!?
また人間が来やがったぜ!
はっ!死にに来たのかよ!
あなた

雨の呼吸参の型「霧雨」

シュン‥
グワァァァァ!
なっ‥!なんでェェェ!
あなた

(気配からして‥あと1体か)

あなた

‥あ

ザンッ!
あなた

(‥木倒れた)

‥ん?
おぉ!新しい鬼狩りか!
あなた

俺は「灰獘(はいべい)」
よろしくなァ
あなた

お前、ほかの鬼狩りと違って強いよなぁ!
他の鬼狩りは弱くてなぁ‥
退屈してたんだよ
あなた

‥ハァ

あなた

天の呼吸壱の型「天空」

うおっ!?
(危ねぇ‥もう少しで首を斬られるところだった‥)
シュン‥
くっ…!
(いつの間に後ろに‥)
ストン‥
‥え?
(く、首を斬られている‥!?)
(何故だ!?あの時確かに俺は斬撃を避けていた‥)
(くそっ‥!体がどんどん消えてゆく‥)
(修復‥出来ない‥)
くそぉ!クソォォォォォ___
あなた

あなた

さようなら‥