プリ小説

第5話

ゴワ
あなたside




はぁ…

学校行くのきついなー…






でも行かな…
自分でこの高校入るって決めたわけだし




お母さんとお父さんの期待は裏切りたくないし















「私頑張るから。見ててね。“天国”のお父さん、お母さん。」



これが私の習慣。

仏壇の前に座って毎朝手を合わせるの。

じゃないとなんか潰されそうで…




毎朝の習慣を終えた私はカバンを持ち、玄関でローファーを履き、玄関のドアを勢いよく開けた。



「うわ、今日いつもより風強いな。」




家を出て電車に乗ってしばらくしたら桜が沢山咲いてる歩道があるの




まだ入学してすぐだけどこれが1番の発見かな





今のところだけどね





とても綺麗なの





だから私はこの歩道のところで空を見上げて





天国にいるお父さんとお母さんに





私は頑張ってるよ








そう言ってるの











心の中だけどね















これが私の第2のルーティンかな












今日も空を見上げてたら








なんか後ろから視線感じたの





振り返ったら




昨日佐藤くんと一緒に帰ってた先輩?が私をじっと見てたの








目があっても逸らすことなく
























この日からかな





















先輩のことを気になり始めたのは



































でも私にはまだ誰にも言ってない秘密がある

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ariainoo
ariainoo
♡Hey! Say! JUMP♡ 有岡大貴 ♡King & Prince♡ 髙橋海人 ♡東京B少年♡ 那須雄登 ♡なにわ皇子♡ 西畑大吾 ☞ Follow Me ☜
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る