第24話

*
222
2024/03/15 15:54
異能力を使って芥川君から逃れた訳なんだけど…
あなた
最初からあんたが来てればよかったじゃないすか



中原中也
中原中也
姐さんと少し話してて遅れた。



英雄ヒーローは遅れてやってくるだの、なんとやら。



全くこの人は英雄でもなんでもないけどさ。
あなた
私は元後輩を痛ぶる趣味なんてないんですがねぇ。
中原中也
中原中也
さ、行くぞ。



重力使いの中原に立ち向かうなんてして、勝てるわけがないのは火を見るより明らか。



仕方なく彼に着いて言ってあげることにした。


________________
中原中也
中原中也
手前、なんでンな離れてんだよ


5米は離れるように意識して歩いていた私に言った



そんなの苦手だからに決まってるでしょ
あなた
別に…
更に数メートル離れようとすると、腕を引っ張られた



ふわっと広がった彼の強すぎない香水の匂いな鼻を刺す。



懐かしさ。
中原中也
中原中也
お?大人しくなったなァ。
あなた
別に。
勿論向かっているのは、元職場である。
________________





私の処女作なんですが、見たい方いますか?

アンケート

読みたいですか?
うん
88%
いや
12%
投票数: 51票

プリ小説オーディオドラマ