第27話

追憶
168
2024/03/09 04:00
…眩しい。 







あ、生きてる。私。
目が覚めて先ず目に入ったのは心配そうな中原の顔だった。



なんでこの人が?


と思ったけれど、言葉を発する気力もなく。

目をゆっくりと開こうとすると



中原は慌ててマフィア本部の医務室をでていった。


もう少し狸寝入りしていた方が良かったのかもしれない。



太宰幹部
太宰幹部
あ、起きたんだ。



私を突き落とした男の声がする。


声は横から聞こえてきた。



太宰幹部も私と同じように医務室のベッドに横たわっていた。


其れもかなりの重症っぽい。

ざまあみろ、と少し思ってしまった。



太宰幹部
太宰幹部
はぁ…最悪だよ。



「心中には失敗するし、蛞蝓があなたの下の名前の見舞いに来るし」と云う太宰幹部。

それも私に云われても。
あなた
え、心中?
無理心中の間違いではなく?
というかあれ、心中だったのか。
太宰幹部
太宰幹部
何。別に私は"情死"という呼び方でもいいのだけど?
情死と云えば、愛し合う2人が心中することだけど…



よくもまあこんな台詞云えるなあと思いつつ、

太宰幹部の瞳を一心に見つめた。

あなた
ああ、いいですよ。




結局私はそのキザな告白を承諾する事にした。


何故かって、断ったら殺されそうだから。
太宰幹部
太宰幹部
…そ。
________________


判りづらいですよね!!

簡潔にまとめます


黒太宰「心中ではなく、情死をしよう」には、まあ


「愛し合う関係になろう」という意味が込められています。



という

プリ小説オーディオドラマ