無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

引越し
私はあなた。

今日から引越しです!!
初めての引越しでちょっとドキドキしてるけど…上手くやってけるかな?
とにかく、今日から住む所は、シェアハウスだから、みんなと仲良くなれたらいいな…
そんなことを思っていたら、いつの間にか引越し先へ着いていた。
あなた

うわぁ~……ここかぁ……

大きくて、すごく綺麗だなって思った。


こんな所に今日から住むのか…
なんだかすごくワクワクしてきた。
そっとインターホンを押すと、声が聞こえてきた。
「はーい」とインターホン越しにいわれ、慌てて返事をする。
あなた

あっ、あの!今日からここに引っ越してきたあなたです!!

よし、まずは名前言えた。

そう安堵していると、カチャリ、と玄関の扉が開いた。
舞衣
舞衣
君が今日から引っ越してくるあなたさん、だよね? 
どうぞ、中に入って。
あなた

あっ、はい!!

出てきた人にそう言われ、あたふたとしながらも中へと入る。

それにしても、綺麗な人だなぁ…

舞衣
舞衣
私は舞衣。よろしくね!
あなた

あ!あなたです!よろしくお願いします!!

舞衣
舞衣
あ、中に、みんな揃ってるから!
あなた

あ、はい!

舞衣さんって言うのか…

素敵な人だなぁ…

舞衣さんは、少しツリ目がちな猫目で、八重歯があって、肌が透き通るように白い。
まさに、美人ってこの人のことだなって思った。
舞衣さんに促され、リビングと思われるドアを開けると、そこには3人の男女がいた。
瑠桜
瑠桜
ん……?誰??
あなた

あっ、こんにちはっ!!

舞衣
舞衣
この人は今日からここに住む、あなたさんだ。
みんな仲良くしてやってくれ。
瑠桜
瑠桜
あぁ、あなたが!
私は瑠桜!よろしくね♪
奏多
奏多
俺は奏多。よろしく。
悠
……悠。よろしく。
わぁあ、みんな美男美女だ!!!

キラキラしてる……
舞衣
舞衣
あ、悠。耳出てるよ?
悠
え…?あ、ほんとだ……
そう言うと、頭にあるクマの耳らしきものを、隠すようにしまうと、耳が消えた。





……ん???耳……??
あなた

あの……今のって……?

舞衣
舞衣
え?
あなた

クマの、耳……

瑠桜
瑠桜
あれ??知らなかったの??
あなた

何をでしょうか…???

奏多
奏多
……俺達は、動物と人間が混ざってるんだ。
あなた

え……???

そう告げる、奏多さんの頭を見ると、耳が。

そして、腰には狼のような、しっぽが。
横にいる舞衣さんの頭と腰にも、猫の耳としっぽが。
瑠桜
瑠桜
大丈夫ー??
そう言う瑠桜さんの頭にもうさぎのような耳としっぽが。
あなた

え、ぇ……ええええええええええ!?






なんだか、生活が楽しくなりそうです。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

穏空は亀更新。
穏空は亀更新。
名前 _ 穏空。 更 新 は 気 ま ぐ れ 、 プ リ 画 の 方 も よ ろ し く * プ リ 小 説 専 タ グ⏩穏 空 の 図 書 室 。 プ リ 画 専 タ グ ⏩ 穏 空 、 し ず イ ラ コメントやお気に入りは励みになります🌸 コメ返は必ずします💫 #コラボ小説 メカクシ団が双子を拾いました。【亜弥】 ↪ 穏空 × 颯桜
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る