無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

120
2020/09/08

第2話

依頼
私はこのとき、甘く見ていた。りつ先輩が下さった仕事を…
私は天川あなた。大学を卒業して就職も決まらず、途方に暮れていたある日…
りつ先輩
りつ先輩
あなた、韓国語喋れたよな?
ある日突然、高校のときの先輩から電話がかかってきた。
りつ先輩は私の初恋の人。だから今でも大切に思ってて、連絡が来た時はドキッとしたんだけど..
You
You
はい!覚えててくれたんですね~~~
りつ先輩
りつ先輩
あぁ。夢に向かうための勉強してるってかっこいあなっておもってたから。
わぁーそんなふうにおもっててくれたんだぁ…
りつ先輩
りつ先輩
前々から就職先が見つからないと言っていたあなたに、ぜひして欲しい仕事があるんだが…