無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

5,115
2022/01/29

第30話

22.
あなた
悠二…警戒してね…
悠二
あぁ
かなりの呪力…怖いね、


体育館に入ったと同時に研磨さんが走ってこちらに近づいてきた
研磨
あなたの下の名前!!
あなた
!!研磨さん!
研磨
ハグ!!ハグさして!!
あなた
はいはいw
小動物かなにかなのかな????((


私は研磨さんを抱きしめた、言った通り、思いっきしに
研磨
癒し…
あなた
そんなんでもないですけど…
研磨
落ち着く…
赤葦
研磨??
研磨
ゲッ、赤葦…
赤葦
早く離れてくれない?
とかにこにこしながら言う


怖いわ…
研磨
ね、キスしよ〜!
あなた
研磨さんまでそういうこと言うようになりました?!
赤葦
ダメだから
赤葦
あなたの下の名前は俺の
研磨
俺のだから
あなた
誰のでもないからね????
赤葦
てか、いい加減離れなよ
研磨
そっちこそ、手、離しなよ
あなた
どちらもやめてくれると嬉しいですね
2人
無理
あなた
何言っても諦めない精神、すごいわ…
あなた
!!
悠二
!!
あなた
ちょっとお二人さん?
2人
??
あなた
私の後ろに隠れてくれないですかね?
赤葦
?なんで?
あなた
いいから、
研磨
…わかった
そういうと私の後ろに移動してくれた
悠二
来るな…
あなた
うん…
呪霊…なのか?


この呪力、なんか知ってる…
悠二
…来た!!
憂太
あなたの下の名前〜!!!!!!!!
そう言ってものすごいスピードでこちらに来る
あなた
は?
悠二
え、乙骨先輩?!?!
あなたの下の名前!!!!!!
ついでに恵も


憂太達は私に抱きつこうとしてきた


が、見事に無限でガードしてしまった
憂太
は?
あ''?
悠二
元ヤン出てるんですけどぉ…
うるせぇ黙れ
あなた
騒ぐなうるさい
憂太
会いたかったよ〜!!!
あなた
来んな!!
研磨
?誰?この人
と、私の後ろから顔を出す研磨さん
よく見たら抱きつかれてますね
憂太
は???
あなた
…((ダラダラ
ダラダラと汗が流れる
研磨
?俺が抱きついてるけど
赤葦
俺は手を繋いでます
言うことじゃないですよ…
は?
悠二
あなた
あなた
御二方、ハナシテモラッテイイデスカ???
2人
嫌だ
あなた
お願いだから離してください、まっぢで!!
って言うと小さくいいよと言ってくれた
あなた
フゥ…
あなた
ばいびー!
あ''ぁ''?!
憂太
待て!!
私は逃げ出しました☆