無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

5,047
2022/01/28

第29話

21.
場所につき、バスをおりた


バスからおりるとすぐさま勝手に手を握ってくる赤葦さん
あなた
離してください
赤葦
無理
あなた
…ハァ
何を言っても聞かないとわかったため、私は諦めた


なんでこうなった…


すると、めっちゃ美人の女の人が話しかけてきた
悠二
うへぇ、美人…
あなた
思った
あの、梟谷の皆さんですか?
赤葦
はい
みんないるので、着いてきてください
そう言われ、案内してもらう
あなた
美人さんですね
あなた
私よりこの人の方がいいのに…
赤葦
いや、俺はあなたの下の名前が好きだから
あなた
何気にかっこいいこと言うのイラつく…
ここです、
そう言って扉を開けてくれた
黒尾
お!木兎!!
木兎
黒尾〜!!
そう言って体育館に入っていく木兎さん


木兎さんに続きみんな入っていく
赤葦
俺達も行きましょう
悠二
おう!
あなた
はい
そう言って体育館の床に足が着いた途端…
あなた
ッ?!?!
悠二
!!!!!
とてつもない呪力を感じた