無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

5,563
2022/01/26

第26話

18.
練習試合終わり_
赤葦
あなたの下の名前〜!!!
研磨
あなたの下の名前!!
そう言って私に向かって思いっきし走ってくる2人


私の目のまえについたと思ったら…
赤葦
先に俺がするから、待ってね
研磨
違う、俺が先だから
取り合いを始めました
あなた
どっちでもいいので早くしてください…
赤葦
じゃあ、俺が…
研磨
俺が…
どっちでもいいから早くしてくれ…


呪霊祓いに行かなきゃなんだよ…
あなた
あ〜、もう、わかりましたから!
あなた
一緒にすればいいですよね?!
赤葦
え?
研磨
??
私はそう言って2人とも同時にハグをした


デカ


少しだったあと、私は2人から離れた
あなた
じゃあ!やる事あるので!さようなら!!
そう言って悠二の元へ向かった
赤葦
(上目遣い…ダメ…/////)
研磨
(可愛い…)
2人
これで次も頑張れる…
























.
あなた
ごめん!悠二!!
悠二
お!終わったか!
あなた
うん!
あなた
大丈夫?
悠二
大丈夫!!低級だったから!
あなた
それなら良かった…
万が一今ここで怪我なんてしたら、みんなが騒ぐし…


私も心配する…
悠二
さ!終わったから戻るぞ〜!
あなた
うん
そうして体育館に向かおうとした時
あなた
!!悠二後ろ!!
悠二
!!くそッ
気配を隠してたのか?


低級のくせに…
あなた
玉犬!!
あなた
食っていいよ
そういうと玉犬は呪霊を食う
悠二
すまん!助かった!
あなた
いや、大丈夫
あなた
怪我なくてよかった
悠二
ほんとありがとうな!
悠二
じゃ、みんな心配するだろうし、戻るか〜!
改めて体育館へ向かった