無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

突然の告白
涼介の心の中)よし、今日の放課後みゆに告白しよう
涼介)みゆ、今日の放課後屋上に来て
みゆ)うん、わかった











放課後

みゆ)ごめん、遅れちゃった
涼介)あ、大丈夫
みゆ)どうしたの?呼び出して
涼介)あの、俺みゆのことが好きなんだ、つきっ
廉)ちょっと待って
みゆ)廉(びっくりした)
みゆ)廉、りかちゃんと付き合ってるんじゃないの?
廉)別れた。あいつにも好きならとできたみたいだし、俺も好きな人出来たから
みゆ)そうなんだ
廉、涼介)だから俺と付き合ってください
みゆ)ありがとう。私は廉を、選ぼうかな。廉は、初恋の人だし、涼介は、友達として大好きごめんね涼介
涼介)おう、大丈夫。でも俺は、みゆのこと絶対に、諦めないからな。廉、みゆを泣かせるなよ
廉)おう、絶対なかせないから


こうして、廉とみゆは、付き合いました。
ですが一ヶ月後.....