無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

放課後
みゆ)よし、いこう!


屋上

廉)あの、付き合ってください
りか)はい、おねがいします

みゆ)えっ....


下駄箱え、向かう
みゆ)グッス...早く気持ちつたえてれは、よかった
紫耀)お、おい、何泣いたんだよ
みゆ)紫耀、(抱きつく)廉が、他の女の子と、付き合っちゃた(泣きながら言った)
紫耀)そっか、なけなけ、思う存分泣け。これからは、俺を頼れよな。
みゆ)うん、ありがとう紫耀!