無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

いつも通りの朝
ピピピピー。
目覚まし時計が鳴る。でも私は、目覚まし時計の音では、起きない。

お母さん)みゆー、おきなさいー。
みゆ)んっんー、いま何時ーってかもんこんなじかんじゃん。なんでもっとはやくおこしてくれないのー。

ご飯を食べて家を出る。
みゆ)いってきまーす
お母さん)行ってらっしゃい

廉)おせーよ。
みゆ)ごめんって
廉)ほら、いくぞ





昼休み
みゆ)ねぇ、今日一緒に帰れる?
廉)ごめん、帰れない。
みゆ)そっか、じゃあ1人で帰るね。
みゆ、心の中)あとついてってみよう