無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

🤜🏻元ヤン先生と無敵ピンク🤛🏻

第1話

気持ちの変化 ー 1 ー



夕日が差した放課後の教室、
担任の"山下一真"は俺に言った。


山下一真
お前が好きだ。



俺は、初めてこんなにドキドキした。
何が起きたのか理解するのに時間がかかった。




自分にその気はないはずなのに。


由利匡平
.........っ//



さっきのキスでもしかして.........!?(心の声)




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


数十分前─────。


《 キーンコーンカーンコーン 🎵》


チャイムが鳴り、帰りのSHRが終わる。
クラスメイトは山下に挨拶をし、教室から出ていく。




俺も帰るために席を立った。


山下一真
おーい、由利ちょっと残れるか?



山下に呼ばれ教室の出口に向かっていた足を止める。


由利匡平
あぁ?なんだよ。
山下一真
担任に向かってそんな口の利き方はないんじゃないか?
由利匡平
ち.....っ
由利匡平
用がねぇなら呼ぶんじゃねーよ。



俺は居心地の悪い教室からさっさと出ようと
足を進める。


山下一真
おい.....ちょっと待て!



腕を掴まれ、派手に倒れそうになる。


由利匡平
うわっ!(ドサッ
山下一真
い.....っ!



次回に続く→→→
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡