無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2話.
テヒョン君は教室にいた
ソヨン
ソヨン
休み時間なのに勉強してるんだ。
えらいな~
ソヨン
ソヨン
まぁ私とヤるってなったら勉強なんて忘れちゃうと思うけど笑
私は音をたてないようにしてテヒョン君に近づいていった
ソヨン
ソヨン
ワッ!!!!
テヒョン
テヒョン
わぁ!
テヒョン
テヒョン
び、びっくりさせないでください。
ソヨン
ソヨン
ご、ごめんね。
ソヨン
ソヨン
テヒョン君いつも勉強してて大変そうだったから何か面白いことしてあげたいなって思って
ソヨン
ソヨン
許してくれる?😢
こうゆうこと言えば大半の男は落ちる
テヒョン
テヒョン
今回は許しますけど、今後は一切
こうゆう事はやめてください。
逆に迷惑です。
ソヨン
ソヨン
えっ?
テヒョン
テヒョン
で、用件は何ですか?
ソヨン
ソヨン
いや、別に
テヒョン
テヒョン
なら早くどっか行ってください。
テヒョン
テヒョン
邪魔です。
ソヨン
ソヨン
あっ、はい


トコトコトコトコ

は?なんなのあいつ、迷惑です。って
この神級に可愛い私があんたみたいな
勉強バカに話しかけてあげたのよ
ちょっとは感謝しなさいよ😡💢
ソヨン
ソヨン
絶対復讐してやる





予想外の展開でしたね。
ソヨンちゃんの復讐は上手くいくのでしょうか。
次回もお楽しみに!😁