無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3話.
次の日
学校の登校中にあいつがいた
ソヨン
ソヨン
(今度こそ落としてみせる😈)
ソヨン
ソヨン
あっ!テヒョン君偶然だね。ニコッ
この超絶かわいい笑顔で何人もの男を気絶させてきたんだからこいつもいけるはず!
テヒョン
テヒョン
昨日僕を脅かして勉強の邪魔をしたくせに気軽に話しかけてきて、反省もしてないんですね。
めんどくさっ
ソヨン
ソヨン
そんなことないよ。
テヒョン君渡したい物があったから話しかけたんだよ。
ソヨン
ソヨン
そんな風に思わせてたんだ、ごめんね。
ソヨン
ソヨン
お詫びと言ったらなんだけど、、、、はい、これ。
ソヨン
ソヨン
テヒョン君の眼鏡ケースもうボロボロだったから新しいの買ったの。
ソヨン
ソヨン
受け取ってくれる?
テヒョン
テヒョン
物をあげとけば良いと思ってるでしょ。
え、なんで心の中読めんの?

超能力者!?
ソヨン
ソヨン
そんなこと、、
テヒョン
テヒョン
これは一応貰っとくけど、そういう考え方やめたほうがいいですよ。
物は貰うんかい、最低やな
テヒョン
テヒョン
それじゃあ。
ソヨン
ソヨン
あぁ、はい。
テヒョン君は速歩きで行ってしまった。
ソヨン
ソヨン
また負けた~😭
ソヨン
ソヨン
なんで他の男みたいにすぐ落ちないんだろ?
ソヨン
ソヨン
次こそは絶対勝つ!!😡


なかなか話進まなくてすみません。
言い訳タイム
あんま想像力ないから分からないんです。