無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4話.
授業中

ソヨンちゃんとテヒョンは席となりです。

__ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __

私、今完全にあいつに嫌われてる




仲良くなるために何か良い方法考えないと



ソヨン
ソヨン
(あっ、良いこと思い付いた)
学校終わった後、あいつに「勉強教えてもらいたくて」とか言って一緒にカフェとかで話せばいいんだ!
ソヨン
ソヨン
私天才かも。
声に出てる⬆
テヒョン
テヒョン
どこがだよ ボソッ
ソヨン
ソヨン
ん?何か今失礼な事言われたような気がする。
ソヨン
ソヨン
気のせいかな?
作戦会議に戻る
それでカフェで、~のお詫びって言って奢ってあげたりしたら好感度アップだよね😏
何かお詫びできるようにする事作んなきゃ
とりあえず迷惑かけよ
ソヨン
ソヨン
(消しゴムをあいつの方に落としてと)
    ポイッ
ソヨン
ソヨン
テヒョン君ほんとごめん。そっちの方に消しゴム落としちゃったんだけど取ってくれる?
テヒョン
テヒョン
はぁ。
テヒョン
テヒョン
はい、
てひょんがソヨンちゃんに消しゴムを渡す。
ソヨン
ソヨン
ありがとー
ソヨン
ソヨン
今度からは落とさないようにするね!
2分後
ソヨン
ソヨン
ねぇねぇテヒョン君。
テヒョン
テヒョン
なんですか?
ソヨン
ソヨン
私目悪いんだけど、今日コンタクト付けてくんの忘れちゃったのノート見せてもらってもいいかな?
テヒョン
テヒョン
なんで僕のなんですか。
テヒョン
テヒョン
他の人のでいいじゃないですか。
ソヨン
ソヨン
だって私このクラスに友達テヒョン君しかいないし、
ソヨン
ソヨン
他の人のは嫌だし。
ソヨン
ソヨン
テヒョン君のがいいの。
これはさすがにキュンとしただろ。
テヒョン
テヒョン
  ///
ほら効果あり😏
テヒョン
テヒョン
まぁいいですよ。
テヒョン
テヒョン
そんなに言うなら。
テヒョン
テヒョン
はい。
ソヨン
ソヨン
うん、ありがと。



キーンコーンカーンコーン
ソヨン
ソヨン
やっと授業終わった~😄
ソヨン
ソヨン
(今回は私の勝利だったな😈)



次回はカフェに一緒に行く話です。
お楽しみに~!