無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6話.
カフェ  ラジモララ🐥
テヒョン
テヒョン
ここがこうでこうなるの、分かります?
ソヨン
ソヨン
いや、全然
テヒョン
テヒョン
困りましたね。こんな簡単な問題も解けないなんて、
ソヨン
ソヨン
あれ?数学が一番得意なんだけどな~
おかしいな、、、
ソヨン
ソヨン
あっ!あんたわざと難しい問題出して私をバカにしようとしてるんでしょ!
テヒョン
テヒョン
そんなことないですよ!
ソヨン
ソヨン
残念ながら私には分かっちゃいますよー
問題のレベルを確かめる
ソヨン
ソヨン
超、簡、、単
テヒョン
テヒョン
ほら、言ったじゃないですか。
ソヨン
ソヨン
あ、あはは多分私、この単元苦手だわー
ソヨン
ソヨン
て、てかもうこんな時間じゃん
 スマホ 画面
21時03分
テヒョン
テヒョン
ほんとだ
ソヨン
ソヨン
あんたの家ここから遠いでしょ
ソヨン
ソヨン
私の家泊めてあげようか?
テヒョン
テヒョン
大丈夫ですよ。  
何されるか分かんないですしボソッ
ソヨン
ソヨン
聞こえてるよー
ソヨン
ソヨン
変なことなんてしないよw
ソヨン
ソヨン
家には弟いるし、
ソヨン
ソヨン
声聞こえてもいいならヤってあげても良いけど
テヒョン
テヒョン
っ//
ソヨン
ソヨン
さすがに嫌でしょ。
テヒョン
テヒョン
どこにいてもしませんよ。
ソヨン
ソヨン
そうゆうことはしないからさ
テヒョン
テヒョン
じゃあお言葉に甘えて




次回はソヨンちゃんの弟が出ます。
果たしてどんな人なのでしょうか?