無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

11
2021/02/26

第2話

入学
サチハラ ヒナ
はえぇ…ここが才王城学園かぁ…
噂には聞いてたけど、で、でかいなぁ…
こんにちは。
幸原比奈といいます。
今私の視線の先にあるのは、才能を持った女子高生を集めるという名門校、「才王城学園」。
ただの才能じゃない、「最高級」の才能。
数々の実績を残してきた超天才の生徒たちが集まる。
そして、今日は入学式だ。
サチハラ ヒナ
見るからにオーラがすごい…
き、緊張するな…
体を強ばらせつつ、私も新入生である以上行かなければならないので、校内に足を踏み入れた。






見た目が大きかったりオーラが凄まじかったりはしたけど…
中は思ったより普通なんだなぁ。
ただやっぱり普通の学校よりは豪華っていうか、高級感がある…かも
クラスについては、最高級の才能を持った女の子を集めるとなると、
やはりあまり多くもないらしく、1クラス15人という平均よりやや少なめの人数らしい。
多すぎるよりは全然いいけどね…
そして、そうこうしているうちに、私の名前が記入されていたクラス、1年A組についた。
サチハラ ヒナ
つ、ついちゃった…
ついちゃったよ…ここが、私のクラス…
この先に、いるんだよね…
私のクラスメイトとなる、最高級の才能を持った人達が…
そう考えると、思わず足がすくんでしまう。
だって、私の…
私才能は…
ネガティブな思考に俯いたその時、スパァンといい音を立てて扉が開いた。
???
…およっ!?
サチハラ ヒナ
う、うわぁ!?
教室の中から出てきたのは、黄緑色の髪をした小柄な女の子だった。
大きな瞳をぱちくりと瞬かせ、私の顔をじぃっと見つめる。
サチハラ ヒナ
あ、あの…
???
およ!およよ!!
みやびん!!可愛い子見つけた!!!
???
な、なんだってぇ!?
小柄な女の子が教室内に向かって叫ぶと、今度はすらっとした高身長の女の人が出てきた。
いきなり2人に囲まれ、思わずしどろもどろになってしまう。
???
ホウホウ…これは中々カワイイ子じゃんかyo!?
???
でっしょでしょ!?
みやびん見る目あるよぉ!!
私のことを気にせずきゃあきゃあと騒いでいる2人。
勢いが半端ないけど、悪い人ではなさそう…
思い切って話しかけてみた。
サチハラ ヒナ
あ、あの、君たちは…?
???
むっ。そういや自己紹介がまだだったねぇ。
それじゃ、とっておきをやってあげよー!!
そう言って、小柄な女の子はビシッとポーズを決める。
???
…ハロー、ユーチューブ!!
趣味に夢中、世界に夢中、君に夢中!!
最高級のユーチューバー、〝CoCo〟参上!!!
いぇいっっ
決めゼリフと共に、女の子は私に向かってパチンとウインクをしてみせた。
でも…私には、この決めゼリフと声、よく見れば容姿にも見覚えがあった。
サチハラ ヒナ
も、もしかして…
CoCo…ちゃん?
???
おっ、ボクのこと知ってるんだ!?
やったぁ、生徒にファンがいたー!
???
ファー!!さすがはCoCoちゃんっすわ!!
2人でひとしきりケラケラと笑ったあと、小柄な女の子は私に向き直った。
ユメナカ ココ
えとえと、改めてふつーのジコショーカイをしましょー!!
CoCoこと、夢中心呼でーす、よろしくなのだ!!
CoCo。
テレビに出るほど超有名なユーチューバーで、チャンネル登録者数は1か月前に300万人を突破した。
検証、ドッキリ、コラボからボランティアまで。
ありとあらゆるジャンルを動画化し、全ての活動に真面目に楽しく取り組んだ大人気ユーチューバー。
それが、目の前にいるCoCoこと夢中心呼ちゃんなのだ。
本名を聞いたのはこれが初めてだけど…
サチハラ ヒナ
わ、わぁあっ、すごい!!
こんな有名人もいるなんて!!
いつも動画見てます!!
ユメナカ ココ
にゃはは、ありがとー!!
入学早々ファンと会えるなんて嬉しいなー!!
CoCoちゃん…いや、心呼ちゃんは、ニコニコと笑いながらそういった。
さすがのファンサービス精神。
ユメナカ ココ
よぉし、キミ気に入ったぁ!!
あとでサインあげよー!!
サチハラ ヒナ
ほ、ほんとに!!やったー!!
???
ちょちょちょちょい待ち!!!
ワタシを忘れてもらっちゃ困るyo!!
心呼ちゃんと2人で盛り上がっていると、空気と化していた高身長の女の子が割り込んできた。
なんだなんだ。
ユメナカ ココ
あ、忘れてた。ジコショーカイする?
???
扱いが雑になってない!?ワタシ泣くよ!?!?
…まーいいや、自己紹介と行くかyo!!