無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

13
2021/07/31

第3話

積極的
ヤビカリ ミヤビ
ワタシの名前は夜輝 雅弥!!
最高級のDJだyo!!It’s exciting!!!
ユメナカ ココ
フォ━━━!!!!ヽ(▼∀▼)ノ
ハイテンション気味に自己紹介をした女の人…夜輝さん。
夜輝…やびかり…
………。
サチハラ ヒナ
…初めて聞く名前ですね…?
ヤビカリ ミヤビ
ええええええええええええぇ!?!?!?
私の反応に、夜輝さんは大声を出した。
うん、うるさい。
ヤビカリ ミヤビ
ワタシだよ…?夜輝雅弥だyo…?
最高級のDJじゃないカ…
サチハラ ヒナ
いや、そんな生き別れの姉妹と再開した時みたいなこと言われましても…
DJってそもそもあんまり詳しくないですし…
ユメナカ ココ
んっ、ふふ…
つ、つまり、みやびんはこの子の眼中に無かったわけだぁ…
ヤビカリ ミヤビ
NOOOOOOOOOOOOOOOOッッッ!!!!!!
夜輝さんは頭を抱えて思いっきり膝をついた。
うん、うるさい。
サチハラ ヒナ
夜輝さん、声が大きいよ
ヤビカリ ミヤビ
ホワイッッ!?!?
DJなんだから声が大きいのは仕方ないyo!!!!
出会って早々酷いじゃないかキミぃ!?!?
DJって声が大きいものなのかな…
ユメナカ ココ
んお、そういやキミの名前聞いてなかったねぇ?
お名前はー?
心呼ちゃんにそう聞かれて、言葉が詰まる。
これ、才能も言った方がいいんだろうけど…
…しょうがない。どっちみち言わなきゃダメだし。
サチハラ ヒナ
私は、幸原比奈です。
最高級の幸運ってことで入学したんだ。
…幸運って言っても、街中を歩いてたらたまたま声かけられただけなんだけどね。
「君にビビッときた!!才王城学園に入学しない!?」
ってね…
2人はまさにポカンという効果音が似合いそうな顔になった。
まぁそうだよね…その時の幸運ってだけで、生まれてからずっと幸運だったわけじゃない。
普通に生活して、普通に生きてた普通の人間なんだもん。
才能と呼べるものもない。
2人は軽蔑するのだろうか。
やっぱり、才能がない私なんかじゃ
ヤビカリ ミヤビ
WOW…いいじゃん、幸運…
サチハラ ヒナ
エッ
ユメナカ ココ
マジで!?幸運凄くない!?
ていうか話しかけられたのもすご!!ここの学校相当じゃなきゃ入れないのに!!
ヤビカリ ミヤビ
幸運ってことはつまり、これからも幸運続きなんじゃねーのかyo!?
才能が開花したんじゃない!?!?
ユメナカ ココ
そうだよきっと!!!
一緒にクレーンゲームとかやったら景品取れるどころかお金入れてないのに入ってることになるんじゃない!?
サチハラ ヒナ
それはちょっと違うと思う
なんか1個違うの混ざってたけど…
この2人は私を軽蔑しないってことでいいのかな…
最高級の才能を持った人が集まるって言うから、プライド高い人が多いのかと思ったけど、意外とフランクない人が多いのかな?
ちょっと安心したかも…
ユメナカ ココ
んー、まだ始まるまで時間あるよねぇ?
せっかくだし、クラスメイト探して回らない?
ヤビカリ ミヤビ
WOW!!いいねぇソレは!!!
ほら、HINAもいくyo!!!
サチハラ ヒナ
えっ、ちょ、ちょっとー!?