無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

12
2021/02/27

第5話

氷と舞
サチハラ ヒナ
蒼羽さんはともかく、多手奉さんはなんだか変わった人だったね…
悪意はないらしいけど
ユメナカ ココ
そうだねぇ…ま、そーゆー人がいるから楽しいんだけど!
…あ、またなんかいる!
ヤビカリ ミヤビ
WOW?あそこにいるの、は…
目線の先にいる2人の女の子を見た途端、夜輝さんが猛ダッシュで走り出し…え!?
サチハラ ヒナ
ちょ、ちょっと!?
夜輝さーん!?!?
私の叫びに耳も貸さず、夜輝さんは2人のところへ走ると、ぱっと2人の手を取った。
???
あ、あら?
???
うわっ…!?
ヤビカリ ミヤビ
ふ、2人も才王城の生徒だったんだァ…!
ファンですyo…!!
ユメナカ ココ
およよよー?その子たちも有名な子なの?
???
私、あなたたちのこと知ってるわ。
最高級のDJ、夜輝雅弥さんと、
最高級のユーチューバー、夢中心呼さん。
…それに、最高級の幸運、幸原比奈さんね。
そうでしょう?
サチハラ ヒナ
えっ、
この2人ならともかく、私のことまで…?
???
最高級の人間が集まるとなると、やはりネットでも有名になるみたいなんだ。
掲示板みたいなところで入学する生徒の情報が書かれていた。
そこで君たちの名前を見たんだ。
私の不思議そうな顔に気づいたもう1人の女の子がそう言った。
ユメナカ ココ
ふえー、そんなものまであんのか〜!
ヤビカリ ミヤビ
ワオ…ファンタスティック…
夜輝さんはなんか…おかしくなってる。
マワリ ヨウコ
そういえば、自己紹介がまだだったわね。
私は舞廻踊子。最高級の踊り手ってところよ。
ミズカミ ヒョウカ
水上氷駆だ…よろしく。
最高級のフィギュアスケーターと呼ばれている。
舞廻踊子…たしか、ヒップホップから日本舞踊、ワルツにブレイクダンスまで、
様々なジャンルのダンスを踊りこなす最高級の踊り手だっけ。
こんなに沢山踊れるって相当だよね。
水上さんはテレビでも見たことある。
大人でも難しいような神技を連続で決めてみせた上に、審査員の評価もパーフェクトだったとか。
失敗することはおろか、氷の上に手をつくことも無いという。
ヤビカリ ミヤビ
あわわわ…舞廻サンに水上サンが目の前に…!!
マワリ ヨウコ
ウフフ、そんなに緊張しなくてもいいじゃない?
同い年なんだし、クラスメイトなんだから。
ミズカミ ヒョウカ
舞廻の言う通りだ。
私たちは同級生になるのだから、もっと気軽に接してくれると嬉しい。
ヤビカリ ミヤビ
ヒョッ
2人に笑いかけられて、夜輝さんは素っ頓狂な声を出して仰け反った。
マワリ ヨウコ
あら…気絶してるわ
サチハラ ヒナ
えっ、えええええええええ!!!!!
ミズカミ ヒョウカ
大丈夫だ、死んでいない。
数分休めば気を取り戻す。
体に害はない
ユメナカ ココ
そういう問題じゃなくない!?!?
みやびーーーーん!!!!
…夜輝さんは保健室に運ばれて行った…
大丈夫なのかな…?