無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

保健室
優希先輩
お前、1年の中川だろ
海って呼んでもいいか?
あわ、は、はい!
先輩のお名前は。?
優希先輩
俺は優希。なんでも好きなように呼べ
あ、はい、!
優希先輩
部活は何にしたのか?
えっと、悩んでいて何に入ればいいのかわからないんです、
優希先輩
それなら、バスケ部のマネにならないか?
え、!じゃぁ、そうします!
優希先輩
おっけ。手当できたぞ
すみません、ありがとうございました、!