無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

硝子細工
_____________



カノジョは涙を流して眠るように気を失った


白く透き通るような赤みのない頬には大粒の涙が依然として伝っている



「がんばって……あと少し…」



まるで子をあやすように撫でた髪は細く繊細だった



それは彼女自身を表しているようで胸が痛む



こんなにか細く華奢なセシアにも自分と同じ運命が待っているのだから