無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

2人の依頼人
2人で紫のお庭を眺めていると、
その奥の緑から1組の男女が歩いてきた。

その姿を見た途端に、シルヴァンは

「あ………やっば。」

と言って慌てて動き出した。
その様子に何事かと、セシアはシルヴァンに問う

「なになに、どうしたの?」

「今日は依頼者が来るかもって…」

それを聞いてセシアは硬直しかけたが
寝起きの姿のまま客の前に出る訳にはいかないと
セシアも慌てて動き出す

「ちょっ…それをはやくっ」

「ごめ〜ん、すっかり……許して〜?」