無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

36
2021/09/09

第3話

異世界へ来て早速…
あなた
つ、着いた??空青い!!そして何も無い!?ただ空だけがあって…何か家とか誰かいませんかね〜?
あなたはキョロキョロと周りを見回すが…
あなた
んーー?何も無い??それにしても広過ぎぃぃ!私の部屋よりも広い広い!
???
おぉー?貴様弱そうな奴だな!丁度いい…ここら辺にはあの仕事人居なさそうだしさっさと殺っちまうか!!おい、お前らあの雑魚な奴を殺せ!!
あなたの周りに沢山の人で囲みそれぞれ武器を持って構えてる
あなた
えっ??これ早速私死ぬんですかね!?持ち物何も無いんだけど☆え、あの……
???
誇りに思えよ!雑魚め!!お前ら撃て!!!
あなたの周りに囲んでる人達が武器で撃ったり発射し出す………がその時だった!
あなた
あ、\(^o^)/
何者かが銃や武器を消して…あなたの目の前に現る
???
なっ!?き、貴様何者だ!?
ネム
ネム
お前らに名を言う程でも無い。まあ、これだけは言っておく…………この子を傷付ける奴は1秒で殺すから
ネムは敵達に(睨)と睨み…
???
ひ、ひぃぃぃぃー!!
???達は撤退し始める
あなた
あ、有難う…御座います…………
あなたはもう終わったかと思い腰を下ろし地面に座る
ネム
ネム
いいや、これくらいは余裕。君ここら辺では見かけない子だね。名前は?
あなた
えっと…あなたと言います!異世界にゴジータ4が居るって聞いて別世界っていうか……迷い込んだって所っすかね?
ネム
ネム
ゴジータ4!?あなた、ゴジータ4の事何で知ってるの?私達の仲間だけども。
あなた
実はコソコソ…………
あなたはネムにゴジータ4が推しだと言う事を話す。
ネム
ネム
へぇ〜ゴジータ4が大好きって事なんだ。なら丁度いい…此処からだと遠いけど飛んで行く。
あなた
え、えっ?私飛べないんだけど…乗せてくれるんですか!!
ネム
ネム
うん。抱っこくらいなら……後、タメ口で良いよ👍皆もそうしてるし
あなた
わ、分かった!(ゴジータ4に会えれる……くぅぅ〜!胸が痛い☆)
ネムはあなたを抱っこしそのまま家の方に向かって飛んで行く。
あなた
は、速いぃぃー!?ネムって凄い✨