無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

☪︎










テヨン「あなたには詐欺師をやってもらおうと思ってるんだけど…」















あなた「………さ詐欺師…?」















テヨン「そうそう」















あなた「オレオレ詐欺…??」















テヨン「うぅんちょっと違うな笑」















あなた「ん????」















テヨン「基本消す人は男でさ、まぁ女もいるけど…人を消す前に何度か直接情報手に入れなきゃね」















あなた「…はぁ」















テヨン「そこで、男は特に可愛い女の子には軽く口開けるから……詐欺師をあなたにやってもらおうかな、って」















あなた「さ、詐欺……で、でんわする感じ…?」















テヨン「うん、オレオレ詐欺から離れて?笑」















テヨン「まぁ内容はターゲットと喋って的確な情報収集だけかな((多分))」















あなた「…私オレオレ詐欺の方がいい、」















テヨン「それだと情報収集できないかな笑」















テヨン「大丈夫、何かあっても俺らがいるから」















あなた「…」















テヨン「じゃあ詐欺上手くなろーねっ!」















あなた「んぇっ!」







































































































































それから私はテヨンさんと詐欺行為の練習をした

















立派な詐欺師になってね、と言われた

















犯罪者になるなんてちょっと気が引けるけど、テヨンさんと一緒ならなんだか楽しくなった









































































┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈





更新遅れてすみませんでした。






テストだったんですよ。私受験生なの。((え))






はい。