無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

☪︎





楽 に 死 ね る と 思 う な よ










そ の 背 中 に 大 き な

十 字 架 を 背 負 い

罪 の 重 み の 分 苦 し ん で

生 き て 行 け








そ れ が































マ フ ィ ア だ









......................................................











テヨン「あれゲームしてる」















ヤンヤン「うわぁ!!!やめろ鬼!!!!!ぎゃああああああああああああああ吊るされたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」















テン「ヤンヤンうるさい黙れ助けないからな」















ヤンヤン「極悪人め!!!!」















ヤンヤン「てかあなた上手くね!?」















あなた「はえ(」















ヤンヤン「あなた俺を助けて!!!まじ!!!死ぬって!!!!」















あなた「え、え!むむ無理無理鬼いるし!」















テヨン「アッハッハwwwwうるさwwwwwww」















ヤンヤン「だってピンチだよ!!!仲間が死にそうなんだよ?!なんで誰も助けてくれないの?!」















テヨン「わぁあなた危ないよ、そこ鬼いるよ」















あなた「え?!わっ!ちょ、本当だ!!やっやめやめやめ来ないで来ないで」















ヤンヤン「うわぁーーーー俺死ぬぅぅぅぅ」















テン「ちょっと何これ邪魔!!!」















テヨン「ここは動物園か…」















ヤンヤン「あ"あ"あ"あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ死んだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」















あなた「ごめんなさいごめんなさい!!助けられなかった許してッッッ鬼ィィィィ来ゥるゥなぁぁぁぁ!!!!!!!」















ヤンヤン「鬼殺れ!!!ころせ!!!!あなたを殺せ!!!!」















あなた「なんでッッッ!!!!」















テン「鬼さんこちら手の鳴る方へっ!」















ヤンヤン「鬼!!!!!テンも殺せ!!!!」















テヨン「逆恨みすぎてwwwwwwwwwしんどwwww」















テン「えぇ僕全然狙われないんだけどwwラッキー!」















あなた「やーーーーめーーーーてーーーー!!!!ぎゃあああああああああああぁぁぁ吊るされたよぉぉぉぉぉぉ!!!!」















ヤンヤン「ハッハッハッ↑よくやったぜ鬼!!!!」















あなた「助けてーーー!!」















テン「僕が助けるよっ★★」















ヤンヤン「うわぁ要らねぇーそーゆーの要らねぇー」















ヤンヤン「てか俺助けてよ?!」















テン「男の子なんだから自分で何とかしなさいな!」















ヤンヤン「ムッかつくからテンのスマホのデータから猫のデータだけ全部綺麗に消そっと」















あなた「な、なんて陰湿な…w」















ヤンヤン「こうすれば効くのさ」















テン「え え それは駄目ダメだめ絶対ダメやだまじでごめんほんとごめん後でなんか買ってあげるからね、落ち着いて???てか話しかけないでくれる???ゲーム中よ?」















あなた「やったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ助けてもらえた!!!!ありがとうテン!!!!!」















ヤンヤン「うっわぁ!!まじ無いわ!!!!」















テヨン「……いつになったら終わるのかねこのゲームは…」















ヤンヤン「全然終わんなんいね」















テヨン「 (((話が進まないジャン))) 」























┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈






更新遅れてすみませんでした🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️