第10話

10話
莉犬
ころちゃんの元カノ!
莉犬
いや…元カノって言っていいのか…?
るぅと
ダメですよ、この人はころちゃんを捨てて
逃げたんですから
捨てたとか変な言い方やめてよーw
この人笑ってる
ころんさんのこと本気じゃなかったのかな
莉犬
何笑ってるの?
莉犬
別に面白くないけど
さっきとは全く違う莉犬くん
さっきまでは楽しそうだったのに


今はすごく怒ってる…
ころんさんのことが大切なんだ…
あなた今家政婦やってるの?
あ、はい!
やらせて頂いてます!
へ~!
ねぇ!誰と付き合うの!?
ころん
付き合うとかないよ
こ、ころんさん!?
あ!ころちゃん!久しぶり!
ころん
……
ころちゃん?
ころん
……
ころちゃ…
ころん
じゅみ、うるさい
じゅみ
あっ…ごめん
ころん
行くぞ
はい…
じゅみ
ま、待って!
ガシッ
じゅみ
これ、私のLINEIDもし良かった追加して!
なんか知りたいことあったら聞いて!
ありがとうございます…
じゅみさんって人には名前で呼ぶんだ…
私には呼ばないくせに…
(ん?)
(何考えてるの…?)
(とにかく今はプールを楽しまないと!)
ギュッ
迷子の子
ままぁー
ま、まま?
迷子の子
あれ?…ままじゃな…い
迷子の子
ま…ま
迷子の子
うわぁぁぁぁぁぁぁん!
えぇ!?あの!ちょっとまって…
ぼ、ぼく
お母さんどうゆう格好してるの??
迷子の子
お姉ちゃんみたいな格好…グスッ
私みたいな!?
そんな人いるかな
迷子の子
ままともう会えないの…?。゚∵・(ノД`)∵゚。 うわああん
だ、大丈夫!!
お姉ちゃんが絶対見つけるから!











































すいません、この子を探してる女の人見つけませんでしたか?
モブ(男)
いや…見てないです
そうですか、ありがとうございます!
あと、あるとすれば…
迷子センター!
あの、この子迷子で…
お母さん
あぁ!いた!
!?
お母さん
どこにいたのよ!
お母さん
心配したのよ?
迷子の子
ごめんなさい…
お母さん
ほんとにありがとうございます!
い、いえ!
ぼくもう迷子にならないでね!
迷子の子
うん!お姉ちゃんありがとう!
迷子の子
ばいばーい!
ばいばい!
はぁ…
もうこんな時間
みんなどこにいるかな
ななもり
あー!いたー!
ななもりさん!
ななもり
ずっとさがしてたんだよ??
すいません…迷子がいたもので…
ななもり
じゃあ、行こ!
え?行こってどこに?
ななもり
ついてきて!
はい































ななもり
じゃあ、ここからは目つぶってもらおうかな
わ、分かりました
怖い…
ギュッ
ななもり
こうしたら怖くないでしょ?
ありがとうございます///
ななもりさんの手暖かい
ななもり
はい!ついた!
ななもり
目開けていいよ!
パチッ
わぁぁ!
綺麗!
そこにはイルミネーションみたいな
光がたくさんあった
でも…なんで?
ななもり
俺さあなたちゃんと話す機会なかったからさ!
ななもり
ここでゆっくり話してみたかっただけ!
そうだったんですね!
じゃあお話しましょうか!
ななもり
うん!





















何時間話したかな?
私にとっては特別な時間ですごく短く感じた
ななもり
あ、そろそろみんなのとこ戻ろう!
はい!今日はありがとうございました!
すごい楽しかったです!
ななもり
…俺も!!
ななもり
行こ?
はい!
さとみ
あっ!なーくんとあなたちゃんいた
今日はすごく楽しい1日だった
でも…楽しい日々がいつまで続くか

この時の私は気づかなかった