第16話

16話
祭りの出来事があってたらというもの
ころんくんの顔が全く見れない
おはようございます~
ななもり
おはよー
るぅと
おはようございます
ジェル
おはよう
莉犬
おはよぉ~
じゅみ
おはよあなたちゃん
お、おはようございます!
じゅみ
最近起きてくるの遅いね
ビクッ
ころん
チラッ
さ、最近疲れてるからですかね~
あっはは…
嘘、早く起きてころんくんと会ったら
気まづいから
チラッ
ころん
じー
え!?
ザクッ
いたぁ!?
じゅみ
だ、大丈夫!?
じゅみ
ありゃーこれは深く切ったね
血が…
チラッ
ころん
っ///
なんで顔赤くなってるの?
まさか…そうゆうプレイが…
いやいや!そんなこと絶対にない!
ころん
あなたー!さとみー!
!?
ころん
一緒にゲームしよー!
わ、分かったー!
さとみ
いいよ‪w
さとみ
何やるの?
ころん
スマブラ
さとみ
言っとくけど俺めっちゃ強いから
え!?そうなの??
私やった事ない…
さとみ
じゃあ俺が教えてやるよ!
ありがとう!
さとみ
じゅみ!1人でご飯できるよな?
じゅみ
うん!任せて!
さとみ
じゃああなたちゃんここ乗って ぽんぽん
…え?
膝に乗るんですか?
さとみ
うん!じゃないと教えずらい
さとみ
だから来て
は、はい///
トスン
さとみ
じゃあまずは基本から…

































やった!勝った!
さとみ
…え?負けた?
やばい!私うますぎる!
ころん
まだだよ‪w
え?
ドーン
あぁぁぁ!
人が喜んでる時に爆弾とか投げてくるの最低!!
さとみ
最低!!
ころん
えー?‪w
次は負けない…
じゅみ
ご飯できたよー!
あっ!じゅみさんありがとうございます!
私手伝います!
じゅみ
え?もう大丈夫??
大丈夫ですよ!これくらい!
じゅみ
そお?じゃあお願いしちゃおうかな?
はい!


























じゅみ
そういえばさ
じゅみ
もう歌う曲決まったの?
(歌う曲?)
ころん
うん、この時期に来てくれてよかった
ころん
また手伝ってくれる?
じゅみ
もちろん!
ころん
お前のことは信用してないけど
ころん
お前の耳は信用してるから
じゅみさん、なんですかそれ?
じゅみ
うーんとね
じゅみ
歌い手って言ってね、リスナーまぁファンの人に歌を聞かせる手伝いをするの
私、昔ピアノやってたから何か出来るかも!
あっ!じゃあ私も何か手伝いを…
ころん
ダメ
え?
さとみ
おい!ころん!その言い方はないだろ!
私がいるとじゃま…?
あっ…じゃあ今から話し合いですかね!
私自分の部屋で勉強してきます!
ダッ!
さとみ
あっ!あなたちゃん!
ガチャン
はぁ…はぁ…
ぴちゃん
涙?
私、泣いてるの?
外に出かけに行こう…
ガチャ
ころん
__________
さとみ
_________!
(なんか言ってる?)
さとみ
お前あなたちゃんの事好きじゃないのかよ!!
ころん
好きだよ
さとみ
じゃあなんで…
ころん
さとみくん、あなたの事好き?
さとみ
当たり前だろ!
ころん
でも、それは恋愛の意味だよね
さとみ
…は?
さとみ
ころんお前何言って…
ころん
普通、家政婦として好きならそんなに怒らないよね?
さとみ
っ…
そうだった…
私達の関係はあくまで


“家族”と“家政婦”
きっと今までもころんくんは私の事遊んでたんだ…
ころん
恋をした瞬間あなたはここからいなくなる
ころん
さとみくんが1番知ってるんじゃないの?
さとみ
……
それもそうだここに来た以上



“恋愛禁止“なんだ



でも…今だけはころんくんの口から
聞きたくなかった!
うっ…グスッ
さとみ
別に俺が誰と付き合おうと
さとみ
お前に関係ないだろ
さとみ
とにかくあなたちゃんに謝れよ…
さとみくん…
ころん
……
ころん
トコトコトコ
(やばい!こっち来る!)
(とりあえず寝たふり!)
ガチャ
ころん
トコトコトコ
ころん
ストン
ころん
はぁ…
ころん
あなたごめんね
(起きてない相手に謝ってる!?)
ころん
僕は手伝ってもらうことが迷惑じゃないんだ
ころん
あなたにはあなたのいい所がある
ころん
だから、そこで頑張って欲しかったんだよ…
ころん
だからさ、もう泣くな
ころん
それだけ言いたかった
ころん
じゃあな
ころん
トコトコトコ
ま、待って!