前の話
一覧へ
次の話

第1話

1話
私あなたは高校2年!

1年の時にバイトをしてたんだけど…
モブ
モブ
あなた…ごめん…私彼氏できたからバイトやめる
え!?なんで!?彼氏いてもバイトくらいやっても良くない!?
モブ
モブ
どうしても彼氏がさ…
…そっか!残念だな…
まぁ、頑張って!
モブ
モブ
うん!ありがとう!
みんな彼氏、彼氏
彼氏作ってなんの意味あるの
あー!ムカつくー!
がしゃがしゃがしゃ←卵混ぜてる音
お母さん
ちょっと!あなた!もっと静かに混ぜなさい!壊れるでしょ!
はーい…
はぁ…いいバイトないかな~
お母さん
またバイトやめたの?
まぁ、友達が辞めるって言うから
お母さん
あんた人に流されすぎよ!
もっと自分を持ちなさい!
わ、分かってるよ!
ドタドタドタ!
お母さん
はぁ…大丈夫かしら
いいバイトないかな♪
あっ、これいいじゃん!
…家政婦?
へ〜!
見た感じ女の子しかいないからみんなと仲良くなれるかも!
やるしかないでしょ!
ポチッ
えーっと…明日の9時に全ての荷物を持って!?✕✕駅!?
お、お母さんー!
これが私の運命を変えるパソコンだったなんて…
やばいよ!バイトで家政婦するんだけど
当分帰れないよ!
お母さん
ふーん、まぁ、頑張りな
え…
そ、それ…だけ?
お母さん
うん
その言葉につい頭にきちゃって言ってしまった
もういい!お母さんばーか!
ドタドタドタ!ガチャン!
もう…寝よ
























んっ…
んー!ふぅ…
外から見える光は
私を起きろ!と言わんばかり
照らされた元気な光
さぁ!バイト頑張る!






























ここで…合ってるよね?
9時になりかけの時計を見るが
そこには誰もいない
え!?間違えた!?
いや…そんなことは…
そんな時私のスマホに1本の電話が
あっ!は、はい!
わー!初電話!
どんな人だろう…仲良くなれるかな!
もしもし、昨日家政婦たのんできたかたですか?
はい!そうです!
あれ…声…
あ、いま時計台の前に着いたんですけど…
あっ、私も時計台の前に…
…わたし?
…わたし
お、
お、
おとこぉ!?/おんなぁ!?