無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

story-31
次の日サナは私を家まで迎えに来てくれた。
tzuyu
tzuyu
サナ!?
tzuyu
tzuyu
どうしたの家まで来てくれて?
sana
sana
どうしたのじゃないでしょ!!
sana
sana
これみて!!


そう言ってサナが見せてきたのは私とキムくんが2人で歩いている写真。








sana
sana
あいつとツウィ付き合っての?
tzuyu
tzuyu
違うよ!!
tzuyu
tzuyu
昨日たまたま送ってもらっただけだよ。
sana
sana
ホントに?
tzuyu
tzuyu
ホントに。





この時少しだけ嬉しかった。












キムくんと付き合ってるって勘違いされて______。