無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

story-49



「私キムくんの事が好きみたい。」




私がそう言うとキムくんはびっくりした顔をしていた。



taehyung
taehyung
本当にツウィの本心で言ってる?
tzuyu
tzuyu
ウンッ。
taehyung
taehyung
言ったこと後悔しない?
tzuyu
tzuyu
絶対しない。






するとキムくんは立って私に手を差し伸べながら言った。




taehyung
taehyung
ツウィ





















_______________ 「正式に付き合ってくれますか?」