無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

story-32
学校に着くと凄く注目を浴びた。


それは私がキムくんと付き合ってるという噂が流れてるから。








taehyung
taehyung
ツウィ
taehyung
taehyung
おはよう。
tzuyu
tzuyu
キムくん!!
tzuyu
tzuyu
おはよう
tzuyu
tzuyu
昨日は送ってくれてありがとうッ。


私とキムくんが喋る度に周りはざわざわする。




tzuyu
tzuyu
キムくんごめんね、、
tzuyu
tzuyu
私のせいで変な噂が流れちゃて…
taehyung
taehyung
別に。
taehyung
taehyung
ツウィとなら嫌じゃない。
tzuyu
tzuyu
そんなこと言ったらまた誤解されちゃうよ。
taehyung
taehyung
ツウィはおれとそんな噂流れるの嫌?
tzuyu
tzuyu
嫌じゃ無いけど…
taehyung
taehyung
じゃあ































そう言ってキムくんは私の手を繋いできた。