無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

story-47
男性はキムくんの怖さに圧巻されて逃げていった。

そして男性が逃げた途端足の力が抜けてその場に腰を下ろした。
tzuyu
tzuyu
こ、怖かった…


するとキムくんが抱きしめてきた。




tzuyu
tzuyu
キムくん!?
taehyung
taehyung
守ってあげられなくてごめん。



そう言ってキムくんは抱き締める力を強めた。







taehyung
taehyung
おれがあの時ツウィにキスしなければこんな事にならなかったのに。
taehyung
taehyung
本当にごめん。
tzuyu
tzuyu
キムくんが謝る必要無いよ。
tzuyu
tzuyu
逆に謝らなきゃいけないのは私の方。



私はキムくんに嫌われる覚悟で言った。










「私嫉妬したの。」





✄-------------------‐✄


ごめんなさい。

今日は1個しか小説あげれません。



明日はちゃんと2個あげれるようにします。


本当にごめんなさい🙇‍♀️🙇‍♀️